> 

アイテムの詳細

型番
カラー
レッド
素材・生地
ナイロン
サイズ
S

実寸サイズ

(cm)
  • 肩幅
    44
  • 身幅
    50
  • 袖丈
    63
  • 前身頃
    55
  • 後身頃
    64
  • ゆき
    84
>採寸について
<>
<>
<>
<>
<>
<>
<>
<>

【公式】 ダウンジャケット/S/ナイロン/RED/ND91950/THE NORTH FACE -open-ryu.net

【公式】 ダウンジャケット/S/ナイロン/RED/ND91950/THE NORTH FACE -open-ryu.net

   
   

アルファベット順

a b c d e
f g h i j
k l
【公式】 ダウンジャケット/S/ナイロン/RED/ND91950/THE NORTH FACE -open-ryu.net
m
n o
p q r s
  • リュック/ポリエステル/BLK/無地/キルティング
  • ダウンジャケット/S/ナイロン/グリーン/チェック/
  • 2019model/CARINE/スモールサッチェル/ショルダーバッグ/レザー/KHK/無地
  • ザノースフェイス/ダウンジャケット/L/ナイロン/BLK/無地/黒
  • ポケットたくさん マザーズバッグ ショルダー Tuile (タイル)イエロー L・ファスナー
  • パーカー/XL/コットン/GRY/OVERDYE NUMBERS ZIGGURAT
  • シングル/レザージャケット/42/レザー/BRW/無地/ライナー付
  • 40S~/ダックハンターカモ/ミリタリージャケット/38/コットン/カーキ/ユーエスアーミー/ビンテージ
  • 自動巻腕時計/アナログ/ナイロン/YLW/BLU
  • 野ばらのブローチ(2輪)・ブルー
  • ストール/カシミア/レッド/バイアスH/カシミヤ85%/シルク15%/エルメス/マフラー
  • 【newデザイン】2カラット ハートシェイプ モアサナイト ダイヤ リング k18
  • ソフトダッフルバッグ 本革 ボルドー
  • K18 タンザナイト ペンダント K18ホワイトゴールド ウーノ YK-BJ047CI28
  • ポルトフォイユ・ジョイ_モノグラムキャンバス/PVC/ブラウン/M60211
  • サイドゴアブーツ/36/BLK/レザー
  • MAYBOLE SHORT/ダウンジャケット/36/ナイロン/カーキ/マッキントッシュ
  • ダウンジャケット/S/ナイロン/NVY/無地
  • 【newデザイン】ゴーシャス モアサナイト ダイヤ リング K18WG
  • 14AW/Check W Coat/38/ウール/NVY/チェック/11420020
  • サード/クォーツ腕時計/アナログ/WHT/MJS25-0863
  • 『受注製作』amico(M) 牛革  栃木レザー 2キャメル
  • フーデットコート/XL/ゴアテックス/KHK/579-7110002
  • 激安!送料無料!アイスジェイド透明感抜群!糸魚川ヒスイのペンダントトップ!メイドイン&フロムジャパン 天然石 106
  • バブアー/ワークノットワーク/WNW/ミリタリージャケット/38/コットン/ブラウン/茶色/アウター
  • トレッキングブーツ/US7.5/BRW/レザー
  • マウンテンパーカ/M/ポリエステル/NVY/無地/Climb Light Jacket
  • ロールアップスリーブワンピース (ホワイト)
  • .php?type=alpha_search&vkey=t">t
    u v w x y
    z

    【公式】 ダウンジャケット/S/ナイロン/RED/ND91950/THE NORTH FACE -open-ryu.net

    用語
    膨らみ
    読み方
    ふくらみ
    英語
    fullness and softness, plumpness
    解説
    布地や皮革の感触を表す感覚評価の用語のひとつ。張りのあるボリューム感と弾力性を持ち、且つ、表面はソフトな布地や皮革を、「膨らみがある」と表す。
    皮革の場合は、膨らみを「充実性」と呼ぶことが多い。

    Copyright ©【公式】 ダウンジャケット/S/ナイロン/RED/ND91950/THE NORTH FACE -open-ryu.net All Rights Reserved. (c) japan leather and leather goods industries association all rights reserved.

    .

    {dictionary.jlia.or.jp}