抜け毛を防ぐ医薬品|髪の毛を復活させるAGA治療について|若返ったようになる

髪の毛を復活させるAGA治療について|若返ったようになる

抜け毛を防ぐ医薬品

男の人

薄毛は医療の対象に

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬です。1997年にアメリカの食品医薬品局の承認を受け、世界で初めての「飲む脱毛防止薬」として大きな注目を集めました。日本では2005年から発売されています。思春期以降の男性に見られる、頭頂部や額の生え際などの毛が薄くなる現象である男性型脱毛症は、従来は植物成分配合の育毛剤などによる民間療法によるしか改善方法がありませんでした。しかしプロペシアの登場以降は、正式な医療の対象とすることで改善に取り組むことができるようになっています。プロペシアは神戸などの都市部のクリニックを受診すれば処方してもらえます。神戸には皮膚科や発毛外来など、男性型脱毛症の治療に力を入れている医療機関が多く、神戸市内はもとより神戸以外の地域からも多くの男性がプロペシアを求めて足を運んでいます。

抜け毛を減らして育毛する

男性型脱毛症は、頭皮などに多く存在するテストステロンと呼ばれる男性ホルモンがジヒドテストステロンという物質に変性することで引き起こされます。ジヒドテストステロンは本来であれば発毛・生育・脱毛を定期的に繰り返す毛サイクルに介入し、毛が十分に成長しきらないうちに脱毛を促してしまう働きを持っています。プロペシアの主成分であるフィナステリドは、このジヒドテストステロンの発生を抑え、毛が健全に成長するのを助けます。つまりプロペシアは抜け毛を防ぐ薬であり、発毛そのものを促すわけではありません。しかしプロペシアのサポートに守られた毛は太く丈夫に育ち、男性型脱毛症の進行を阻害します。その結果、薄毛の改善に役立つのです。

Copyright © 2017 髪の毛を復活させるAGA治療について|若返ったようになる All Rights Reserved.