> 

アイテムの詳細

型番
カラー
ゴールド
素材・生地
ステンレス
サイズ

実寸サイズ

(cm)
  • ケース縦
    5.4
  • ケース横
    4.8
  • 文字盤縦
    3.8
  • 文字盤横
    3.8
  • バンド幅
    2.2
  • ケースの厚さ
    1.2
  • その他サイズ
    手首回り:20㎝
>採寸について
<>
<>
<>
<>
<>
<>

【海外正規品】 クォーツ腕時計/アナログ/ステンレス/BLK/GLD -open-ryu.net

【海外正規品】 クォーツ腕時計/アナログ/ステンレス/BLK/GLD -open-ryu.net

   
   

アルファベット順

a b c d e
f g h i j
k l
【海外正規品】 クォーツ腕時計/アナログ/ステンレス/BLK/GLD -open-ryu.net
m
n o
p q r s
  • ナイロンジャケット/XXL/ナイロン/BLK/無地/トリクライメイトジャケット/少着用感有
  • クォーツ腕時計/アナログ/ステンレス/GRY/GRY
  • グッチ/クォーツ腕時計/アナログ/GOLD/126.4/13238650// Gタイムレス
  • Isar Rucksack M/リュック/--/グレー/ヘリンボーン
  • 18AW/ウールパイルノーカラーブルゾン/ブルゾン/1/ウール/BRD
  • 19ss/TERRACE ZIP UP JERSEY LS/テラスジップアップジャージ/S/ブラック
  • ツータックス/ジャケット/S/ウール/BRW/B-13-J001/STAND COLLAR ANORAK
  • 本翡翠ネックレス ピアス セット
  • G-STEEL/ソーラー腕時計・G-SHOCK/デジアナ/SLV/GST-W330AC-2AJF//電波 Gスチール
  • ブロードウェイ_ダミエエベヌ/PVC/BRW/N42270/
  • ステンカラーコート/L/コットン/NVY/シップス/
  • ブルーカルセドニー*925ring
  • S.ドライフラワー ♡スターチスガーランド ♡スワッグ、インテリア雑貨、観葉植物、ドライフラワー
  • ダウンジャケット/38/ポリエステル/BLK/H1F69-223-09/マッキントッシュフィロソフィー
  • プリントスウェット/XL/コットン/BLK
  • ブーツ/25cm/BLK/スウェード/2019/YU-3939-011/グレイシー
  • カシュクールシャツ(ギンガムチェック)・イエロー × ホワイト・40(M)サイズ
  • 4連/キーケース/ブラック
  • シューズ/UK7/BLK/レザー/1461 59/小キズ/履きシワ
  • 似顔絵/愛犬/パネル絵(トイプードル 背景色 カーマイン)※オーダー見本
  • クォーツ腕時計/アナログ/レザー/GRY/BLK/TRIWA トリワ/NEST114
  • AIRMAX2017/27cm/KHK//ローカットスニーカー 849559-302
  • ジャケット/L/ポリエステル/NVY
  • ダウンコート/00/ナイロン/BEG/49334/細かいヨゴレ有// MARMELADE 49334 91 54010
  • M NRG CHEN TRK SUIT PK/BQ5434-012/セットアップ/M/ナイロン/GRY/ナイキ
  • ジャケット/2/コットン/NVY
  • カヤネズミのリング
  • タグ付/AIR MAX 98/Oil Grey/エアマックス98/29cm/640744-009/箱付
  • .php?type=alpha_search&vkey=t">t
    u v w x y
    z

    【海外正規品】 クォーツ腕時計/アナログ/ステンレス/BLK/GLD -open-ryu.net

    用語
    膨らみ
    読み方
    ふくらみ
    英語
    fullness and softness, plumpness
    解説
    布地や皮革の感触を表す感覚評価の用語のひとつ。張りのあるボリューム感と弾力性を持ち、且つ、表面はソフトな布地や皮革を、「膨らみがある」と表す。
    皮革の場合は、膨らみを「充実性」と呼ぶことが多い。

    Copyright ©【海外正規品】 クォーツ腕時計/アナログ/ステンレス/BLK/GLD -open-ryu.net All Rights Reserved. (c) japan leather and leather goods industries association all rights reserved.

    .

    {dictionary.jlia.or.jp}