なぜ髪が少なくなるのか|髪の毛を復活させるAGA治療について|若返ったようになる

髪の毛を復活させるAGA治療について|若返ったようになる

なぜ髪が少なくなるのか

悩む男性

男性ホルモンによる影響

薄毛に悩む男性は、国内に1000万人以上いると言われています。中でも、30代から50代のいわゆる働き盛りの男性にとって薄毛の問題は非常に関心が高く、雑誌やネットなどでも数多くの話題に取りあげられています。この働き盛りの男性の薄毛は、ほとんどが男性型脱毛症(AGA)が原因です。AGAの特徴として、生え際が後退するタイプと頭頂部から薄毛が進行するタイプの2つに分けられます。ちなみにAGAになる原因は、まだハッキリと解明されてはいません。ただし、AGAの男性の血中には男性ホルモンのジヒドロテストステロンが高濃度に含まれていることから、このホルモンが原因の一つであることは確実と考えられています。そこで現在、皮膚科や美容皮膚科などの病院では、この原因と考えられる男性ホルモンを抑制することによって薄毛を改善に導くという治療法を行っています。これにより、治りにくいとされた薄毛が大幅に改善されてきたのです。

継続が必要

AGAの治療は、薬剤が用いられます。1つは、先にあげたように男性ホルモンジヒドロテストステロンを抑制するもので、「フィナステリド」や「デュタステリド」という薬剤です。もう1つは、頭皮の血行を良くし発毛を促す「ミノキシジル」という薬剤です。これらの薬剤は、病院で医師の診察後処方されます。ちなみに、これらの薬剤は即効性のあるものではなく、半年以上の長期間継続的に使用することで効果を発揮するものです。このように長期間継続することが必要とあって、経済的な負担が重いと考える人も少なくないと言われています。そこで多くの人がその負担を軽減するために、薬価の安い外国から個人輸入で薬剤を手に入れるという工夫を行っています。ただし個人輸入は経済的には大きなメリットがありますが、薬剤自体には副作用の心配があるため、必ず一度は病院で診察を受けて薬剤を処方されてからこれを利用するよう注意されています。

Copyright © 2017 髪の毛を復活させるAGA治療について|若返ったようになる All Rights Reserved.