> 

アイテムの詳細

型番
カラー
素材・生地
コットン
サイズ

実寸サイズ

(cm)
  • 肩幅
    55
  • 身幅
    67.5
  • 袖丈
    58.5
  • 前身頃
    73
  • 後身頃
    77
  • ゆき
    /
>採寸について
<>
<>
<>
<>

新版 ミリタリージャケット/3/コットン/192BRDT-SHM04/19AW/MODULAR LS 02 -open-ryu.net

新版 ミリタリージャケット/3/コットン/192BRDT-SHM04/19AW/MODULAR LS 02 -open-ryu.net

   
   

アルファベット順

a b c d e
f g h i j
k l
新版 ミリタリージャケット/3/コットン/192BRDT-SHM04/19AW/MODULAR LS 02 -open-ryu.net
m
n o
p q r s
  • クォーツ腕時計/アナログ/レザー/ブルー/青/アクセサリー/セカスト/AR-6089
  • タグ付/SOFT WEAPON DOUBLE JACKET/ジャケット/L/コットン/BLK
  • 純粋なラミーパターン長袖ドレス100%RAMIE DRESS ONE PIECE_BD008
  • 2つ折り財布/レザー/BLK
  • Mi Tesoroシルバー925ナチュラルイエローサファイア調整用サムホイール/ Petty Lucky-イエロージェムストーン
  • 20SS Twilly Brides de Gala Shadow/ツイリースカーフ/シルク/ORN/箱付
  • ジャケット/M/ナイロン/YLW
  • Acne アクネアクネストゥディオズ/ローカットスニーカー/40/グリーン
  • フィールドレインジャケット/1132102/M/ナイロン/BLU/
  • ACTIVE SHELL ALL WEATHER COAT/マウンテンコート/L/ナイロン/GRY/DAMLGC38
  • ダウンジャケット/L/ナイロン/WHT
  • 18SS/ロングスカート/1/コットン/BRW/無地/MM18SS-SK072
  • 19AW/DOWN COAT/コート/42/ナイロン/BLK
  • ×Y’s/異素材切替ダウンジャケット/2/ブラック/黒//ワイズ/
  • セイコー/8X53-0AB0-2/アストロン/ソーラー腕時計/アナログ/ステンレス/WHT/SLV/
  • 特価品☆赤珊瑚ネックレス☆
  • シャネル/マトラッセ/ココマーク/チェーントート/ハンドバッグ/レザー/BLK/ブラック
  • 【着物リメイク】総絞りセットアップパンツスーツ
  • ×GFCP/UNGLEFATIGUEJKT/L/ナイロン/KHK
  • MA1103/チェックサンダル/サンダル/35/RED
  • トップス/M/ポリエステル
  • マイビューティフルピープル/コート/羽織/デニム/IDG/トップス/ロング/ブリーチ/ダメージ
  • トートバッグ/ナイロン/BLK/オロビアンコ
  • フレンチリネン フロントワンタックワンピース
  • シングルライダースジャケット/36/山羊革/BRW/ブラウン/茶/
  • G-STEEL/ソーラー腕時計・G-SHOCK/デジアナ/SLV/GST-W330AC-2AJF//電波 Gスチール
  • コンクリートスツール 68old①
  • チェスターコート/--/ナイロン/KHK/無地/0217 OE2124
  • .php?type=alpha_search&vkey=t">t
    u v w x y
    z

    新版 ミリタリージャケット/3/コットン/192BRDT-SHM04/19AW/MODULAR LS 02 -open-ryu.net

    用語
    膨らみ
    読み方
    ふくらみ
    英語
    fullness and softness, plumpness
    解説
    布地や皮革の感触を表す感覚評価の用語のひとつ。張りのあるボリューム感と弾力性を持ち、且つ、表面はソフトな布地や皮革を、「膨らみがある」と表す。
    皮革の場合は、膨らみを「充実性」と呼ぶことが多い。

    Copyright ©新版 ミリタリージャケット/3/コットン/192BRDT-SHM04/19AW/MODULAR LS 02 -open-ryu.net All Rights Reserved. (c) japan leather and leather goods industries association all rights reserved.

    .

    {dictionary.jlia.or.jp}